NEWTONツアー名古屋公演の感想完全版!

RADIOFISH

名古屋ー!まだ全然書いてないのに今日は大阪ー!!

ほんとに顔がやばくって、って唐突に何言ってるの?って感じだと思うんですけど、わたし生活の乱れが全て顔の表面に出るタイプなんですよ。
そんなわけでとてもじゃないけどRADIO FISHおよびFAUSTの皆さまに顔向け絶対したくない……という顔面をなんとかすべく三連休を睡眠に費やした結果、マイナス100がマイナス10くらいには戻ったけど、やりたいことはなんにも終わってない。

だから最低限、忘れたくないことだけ書いとく!
ってなわけで、ツアーNEWTON初日名古屋公演の感想いきまーす。ネタバレしかないです。

FAUSTの感想はこちら:(うまくリンクが貼れない。一個前の記事です)

とにもかくにもコラボ曲が最高だった

コラボ曲、最高でした。
コラボ相手さんの参加はなかったけど、最高でした。

Stepping on the fire、初披露を聴けたのがとても嬉しくて!
こんなにかっこいい曲、もう百回くらいやってないとおかしいでしょ。

慶太さんの歌パートは全て慎吾さんが、そして龍一さんのラップパートをRIHITOさん、涼平さんのパートをShow-heyさんがやっていて、へい様が考えたというこの配役も似合いすぎ&かっこよすぎでした。

龍一さんのちょっと男くさいというか少しだけ低めの声で確実に紡ぎ出されるリリック、RADIO FISHならたしかにRIHITOさん!
(SHiNさんとFISHBOYさんはそれぞれ別方向にですけどもうちょっと飄々としてますよね)

そして涼平さんの甘めの顔面&ボイスで切なさよりもロマンチック多めで織り成されるラップは、まさにShow-heyさんがやってくれたら嬌声あげて惚れるしかないやつ!

慎吾さんは色々通り越して「カッコイイ」の一言につきます。
シンプルイズベスト。

ダンスも超絶見惚れました。
またMV無限リピートを始めてしまう……!

チームしゃちほこちゃんとのコラボ曲『BURNING FESTIVAL』も、RADIO FISH単独バージョンはこの日初お披露目で、こちらも素晴らしい完成度でした。

ラップは女の子パートもぶっ通しでスキマスがつとめ、ほーちゃんパートは慎吾くんが歌ったり、音声流したとこも一部あったかな?

この曲の見どころはとにかく中田兄弟!!
サビ後の御神体は言わずとも皆さん見て、そして笑うと思うんですけど、
気づいていない方、大注目はFISHBOYさんですよ!!

これぞ中田家!と言いたくなるほどに溢れ出すイズム、爆発するんじゃないの?とそわそわしそうに繰り出されるヘッドバンギング。
たまに見せる小粋な表情もイカしてます。

歌詞だけじゃない!バーフェスは振りも中田兄弟がいいぞー!!

RIHITOさん&FISHBOYさんのラップが最高だった

元々慎吾さん推しのところからRADIO FISHに入って、SHiNさん推しの友人の力もあってSSS(シンゴ→ショーヘイ→シン)の3人から普段は目を離すことがかなわないわたしですが、

いやいや、今回はRIHITOさん&FISHBOYさんをとても見てしまいました……!

途中のトークでも、演出担当へい様が「今回リヒトがすごい多くなった」「みんなが覚えることに加えてリヒト一人『歌詞を覚える』という作業が加わった」とお話されてたんですけど、

リヒトさん、Stepping on the fireだけでなく、『ワンチャンCOCO夏☆物語(通称ワンココ)』の焚巻さんラップパートまでこなしてたんですよ!
ちょーかっこよかったー!声までイケメンだった!

もちろん焚巻さんのラップも大好きなんですけど、リヒトさんは語りかける系というか、優しげな深い声で一つ一つの言葉をしっかり紡いでくださるので、とても聴き取りやすい、柔らかな気持ちになりますね……

FISHBOYさんも今までは「歌苦手!」キャラで通されてたと思うんですけど、ところがどっこい(古い)

NewバージョンのINVISIBLE EMPERORなんてめちゃくちゃかっこよかったし、バーフェスの「ゲッダン!」だって生で見てしまえば、お一人でも十倍の破壊力でした……!

そうそう、INVISIBLE EMPEROR!

これがね、歌詞部分がぐんと伸びて、めちゃめちゃアガる改変されてました。
わーほんと、前の歌詞も今の歌詞もどっちも知りたい。
一言一句のがさず書き写したい。
めちゃくちゃ盛り上がりました。

いや、ほんと、目が二つしかないって足りなさすぎませんか。
だってスキルマスターは四人もいるんですよ。
一つで二人ずつ見ても、慎吾さんと中田さんを見る目がどこにもないんですよ?

名古屋……カメラ……
ツアー終わったあとに円盤情報出なかったら泣きそう。

へい様持ち込み企画がめっちゃ個性出ててよかった

ステージの合間に突如始まった企画コーナーもめちゃくちゃ個性出ててよかったです。
「リヒトさんちにはRADIO FISHグッズがめちゃくちゃ溢れている」、冒頭の慎吾さんの豆情報からほんわか詰め込みすぎで。

そんなリヒトさん、ここまで天然というか純粋というかツッコミ待ちというか、そんな方だって全然知りませんでした。

「バナナ+ヨーグルト+グラノーラ+蜂蜜」、そんな鉄板メニューを『ザ・ちょい足しレシピ』としてドヤ顔で出す心の強さ、愛さざるをえない!

でもね、なんかフォローあってこそというか、そこから生まれたメンバーどうしの掛け合いがとてもいいなーと思って。

ひたすら「手で触るな!これからみんな食うんだ!」と怒ってるへい様(そしてそれでも意に介さずポキポキバナナを折るリヒトさん)。

「でもみんな、よく考えてみて。初めて人がバナナにヨーグルトを合わせたとき、それは紛れもなく『ちょい足しレシピ』だったんだよ」
敦彦さんの真剣みを帯びた口調、思わずだまされてしまいそうになります。

続く慎吾さんが、企画の趣旨に真正面から向き合った意欲作を提供したのもほんと好き!
中田兄弟にだけウケが良かった、というのもなんか良い!

中田家、ろくなもの食わされてなかった疑惑も出ましたが(笑)
(だってラーメン+プリンだよ?ぐちゃぐちゃに混ぜたやつだよ!?)

FISHBOYさんの、ちゃんと考えてきていると見せかけて実は「あの定番商品の味をご家庭で!」になっていた、というオチも楽しかった。

大阪、東京でもきっと企画がありますね!
どんなメンバーの素顔が見られるのか!?
とても楽しみです。

幕間トークはただのオリラジトークライブだった(お得)

企画もありつつ、恒例の「スキマスお着替えタイムにオリラジトークライブコーナー!」もありましたー。
7月以来トークライブが開催されてなかったものだから、ほんとに嬉しく楽しく、笑いすぎて疲れつつ、とても愉快な時間を過ごせました。

手紙の話をしていたよ!
ファンレター嬉しいって言ってもらえるの、ほんとにこんな恵まれてていいのかな?って毎回おもいます。

そのうえ返信なんていただいた日には、家宝です。
家宝が毎月増えていく笑

まだあっちゃんにファンレター書いたことない方、ぜひ「ダメ出しはなしで」「大きめフォントの便箋二枚以内で」「返信用ハガキを同封して」お渡ししてみてください。
スペシャルな体験がきっと待ってるよ……!(今後、あまりに通数多い場合は送れないこともあるそうなので、そこらへんは「来たらいいな」くらいの気持ちで!)

話のニュアンス的に、慎吾さんもお返事書いてくれることがあるような感じでした。
でも返信がどうとかではなく、二人だけじゃなくてメンバー全員にこれからもお手紙渡していきたいな、と思っています。

気が向いて見ていただけたときに「あ、うれしい」って思ってもらえるようなこと書いていきたい。

あ、トークの内容は、あっちゃんがいつもの通りファンにがしがし斬りかかりまくっていたのですが、
すかさず慎吾くんが「おれは許さん」「何かされたらおれに言ってこい」と言ってくださるので、ほんとに頼もしカッコよかったです。

やっぱり一人一人のメンバーも好きだけど、オリエンタルラジオの二人が大好き!
幕間トークで興味を持った方、11月以降、トークライブの再開が予定されてますので、ぜひそちらにもお越しくださいね。

個人的にぐっときすぎたポイント

最後に!やはりここは書いとかなきゃ、っていうポイントを書いておきます。
フェチ出すぎって怒られるかな?
まーいーや!!

お立ち台の前、おいしい

今回、上手側のお立ち台の前あたり(とはいえ番号悪いので数メートルは離れてます)に友人と陣取ったのですが。
お立ち台って、皆さん上ったり座ったりするから、めっちゃ楽しい……!

手を振ったら、振り返してくださる方もいるし。
推しタオルでアピールしたら気づいてくださる方もいるし。

そうでなくても、テンションが上がってないとのぼらない場所じゃないですか。
うきうきしているメンバーたちを、すぐそこで見られる!!

個人的にはめちゃくちゃ良かった位置取りでした。
(全体的には、シンさん、ショーヘイさんが上手側にいらっしゃるパーセンテージが高い気がします)

大阪では逆サイド、東京ではまた上手側を狙ってます〜!

メンバーどうしのアイコンタクトがかわいい

これはね、ちょっと意外でした。
だって、大事なステージですよ。
皆さん真剣かつ一心不乱に、踊ったり歌ったりされてるのかな、と思ってたんです。

いやいや、もちろん超真剣だし全力なんですけど、それだけじゃなくて。
メンバーどうしのアイコンタクトとか、笑い合ったり、「あ、いまちょっとミスっただろー」とか、すれ違いざまのタッチとか、
舞台上にはめちゃくちゃ、トキメキとドラマがあった!

あーこれ全通する気持ちわかるわー、と全通する自分を差し置いて思いました(笑)

個人的に一番ぐっときたのは、お立ち台に慎吾さんとショーヘイさんが並んで座って、後ろにシンさんが立ってたときです。
それだけで眼福すぎて「夢かな?」と思ってたんですけど、そしたら、シンさんが、
座ったふたりの頭を、「よしよし」ってかき混ぜたんですよ、両手で。

変な声出るかと思った……!
今度こそ夢だと確信しましたが、他にも見てた方がいたから、夢による現実への侵略戦争でした。ありがとうございました。

RADIO FISHとFAUSTのわちゃわちゃがかわいい

FAUSTの皆さんはオープニングのみの登場かと思っていましたが、ライブの最後に再び登場してくれました!

そして、総勢11人による『Paradise』。
イケメンパラダイス、と皆様がおっしゃるのがよくわかります。
左右どこ見ても、良い顔しかいない!

これがね、パラダイスってすごい自由な振りというか、自由に動けるパートが多いじゃないですか。
そこで、もうほんとに目が足りなくなるほど、皆さん笑顔で肩組んだり腕組んだり、ちょっかいかけてみたり笑い合ったり、色々いろいろされていて。

ここはとくに、RIHITOさん&SHIRYUさん、そしてSHiNさん&NAOTOさんの師弟コンビたちを推したい!

しりゅうさんが「同じ舞台に立たせていただいて、ようやく自分の成長を実感した」というようなことを仰っていたのですが、そんな言葉もぐっとくるし、
ファンはね、もともと関係性があるところからの上乗せの何か、というものがとてもすき!!

大勢のなかのふたり、とか、時を経てのふたり、とかね。
そんなんうるせー?知らん!

ほかにもFAUSTパフォーマンスではかっこよさに全振りしていたWカイトさんたちが、にこにこ笑顔でなんか年相応、
っていうか、わたしKAITOさんのそこらへんのギャップがめっちゃ好きなんですよ〜……
JESSYくんも見るたび違う顔すぎて(しかも全部魅力的)、どう受けとめてよいのかわからない!

いつもはお兄さんみたいなDAIKIくんが、ここでは完全に弟になってるのも、ほわほわしながら見てました。

ラスト、FAUSTたちがはけていくときのご挨拶は、NAOTOさんのいいところ全開かつ頼りになるDAIKIさん!という感じで、もうほんと最初から最後まで完璧なお披露目ステージだったな!と思いました。

ライブ中の演出(物理)もすばらしかったです!
皆さんの力があってこそでした。

ツアーが終わったら次は、FAUST単独のパフォーマンスになるのかな?という気も少ししていますが、次の共演ステージもほんとにほんとに楽しみで待ちきれません!!

中田さんのご挨拶が最高

中田さん、ライブの終わりだったかな。
RADIO FISHについて、壮大な目標を語ってくださいました。

「いいか、ここにいる全員が友達10人連れてこい。そしたら武道館、埋まるぞ!」

みんなが笑ったのは、冗談だと思ったからじゃないです。
やっぱりそういう熱い思いを、きちんとこの場でも語ってくださるんだなって、「演説また始まったよー」みたいな面白さもありつつ、とても嬉しく思ったんです。

だって最高のライブだったもん!
この日きた10倍、いや100倍の人に、見てもらいたいに決まってる!

そんなわけで、NEWTONツアーの名古屋公演は、ツアー初日最高の滑り出しであるとともに、わたしにとって忘れられないライブになりました。

最近はあまりチケットも取っておかないんだけど、自分の名前が書かれたこの日のチケットは簡単に捨てられそうにありません。

大阪、東京、喜びと期待でいっぱいです。
さーてもうあと数時間!
全力で、楽しむぞー!!