FAUST 2nd single MV撮影会(2018/8/15)

お盆、どたばたの一週間、急遽告知されたFAUSTのMV撮影会に行ってきました。

めっちゃ豪華だったです。
撮るのは、テレ朝「しくじり先生」のプロデューサーである北野貴章さん。

撮られるのは、加藤カイトさんが加わり5人体制となったFAUST。

見守るのが、中田さんと、わたしたちファン9人。

っていうか、プレミア感すごくないですか、やばくないですか。
わたしFAUSTは世界に燦然と輝くグループになるぞ!と思いながら応援してるんですけど、そのときにこんなイベントに参加してたこと知られたら刺されそうじゃないですか?(誰に?)

刺されたくはないけど有名になってほしい。Mステに出てほしい。
だから、唐突にステマ、じゃないダイマします。
投票お願いします!明後日まで!投票数が10位以内に入ると最終審査に進める!
今19位でピンチなの! → Mステへの階段 ウルトラオーディション ‐ FAUST
(投票は画面を開いて説明文の下の「投票」ボタンを押すだけ。0.1秒で終わります!)

宣伝終わり。
今回、記者部のレポートは他の方が書いてくださったので。(→『FAUST』2曲目MV撮影会レポート~北野貴章さんが初のMVディレクション!~
わたしはなんか、個人的な思い出とか書こうかな、と思っています。

とりあえず暑い

今回、都内の某スタジオがロケ地だったんですけど、この真夏に半屋外でした。
いやー暑かった。

それで、FAUSTの衣装が、自分たちで決めて作って持ってきたらしいんですけど、これがまた暑そうで!!!
間違いなくRADIO FISHの弟分!笑
(RADIO FISHと言えば「なんせ暑そうな衣装」ですよね)

「ユニクロが暑くてやばい」と誰か言ってたな。ユニクロ製か。

穴の開け方が個性出てて面白かったですよ。
MVでじっくり見たい。
近くからだとちょっとあんまりよく見れなくて……(かっこよすぎて)

ほんとに暑かったので、なんか気のきいた差し入れとかできるタイプの人間になりたかった。
FAUSTがパンを分け合いっこしてるのをただ見ていた人です。

でもね、一応聞いてみはしたんだよ?

この返答だもん。
翻弄されています。

撮影会の流れ

最初、みなさんでご挨拶。
そのあと、全体の撮影。5人で踊るのを丸々撮ったり、写真担当のサロンメンバーがスチール撮影したり。
わたしたちは雑用したり買い出し行ったり、ただ見とれてたりしました。

このしりゅぽんが持ってるライトあるじゃないですか。
これが、定期的に勝手にスイッチが切れるんですよね。
なのでわたしはスイッチのところに立ち、しりゅぽんに「ライト!」と言われるたび再点灯させるお仕事をしていました。
簡単なのについメンバーに見とれて、役目を忘れるっていう。
FAUSTのMV撮影会に行くとそんな仕事ができますよ!おすすめ!(いやたぶんこれは今回限定のやつだけども)

全体撮影のあとは、一人ひとりスタジオ内の好きな場所で個人撮影を。
その時間を利用して、わたしは手の空いた各メンバーにインタビューさせていただいておりました。

このインタビューがね!今必死こいて編集しているんだけど、かなり熱い。絶対みんな読んでほしい(記者部ブログにそのうち載ります)。
反省点も改善点も山のようにありすぎるんですけど、みなさんいいお話聞かせてくださって本当にうれしかったし、ありがとうございました。

インタビューが終わるころには個人撮影ももう終盤で。
K.KAITOさんを横のほうから、そしてNAOTOさんをかなりがっつり見ることができました。
二人とも目が離せなかったです。

そこらへんで「終わるかな?終わるかな?」と残り時間がかなりピンチになり始めましたが、片付けしながらラストスパートをかけ、そして撮影会終了!

アンド、N.KAITOさんのお誕生日祝い!できてよかった!
(昨日8/21で20歳になられたそうです)

並んだメンバーにお見送りの挨拶をしていただいて、長い帰路につきました(近くの方と近所の駅まで語り合いながら帰りました。楽しかった!)。
MVの完成、めちゃくちゃ楽しみです。

メンバー一人ずつの印象とか

ダンスレッスン会と違い、けっこう自由に動き回れてお話するチャンスもあったので、メンバーそれぞれの印象みたいなものを書こうと思います。

DAIKIさん

まず言いたいのは、DAIKIさん、2曲目歌がうまくなりすぎてませんか。
あと、色気もやばいことになりすぎてませんか。ということ。

ふだんの「マメな好青年」とギャップがありすぎるんですよー!こまるー!
一緒に買い出しに行ったDAIKIさん担の方と、ひとしきり「今日の彼はやばすぎる」と盛り上がりました。

あと、衣装の細工については「センスがない(本人談)」とのこと。
そんなこと言われたら注目して見ちゃうよ。(しかも書くし)

とにかく歌とダンスに注目ですね。
メンバーいち中田信者の彼が歌うこの歌詞、ちょっとぐっとくるものがありすぎるのではないか、と予想しています。

NAOTOさん

NAOTOさんはソロで一曲踊るのを見ていたんですけど、「Lady Rose」のMVと比べて、表情が、アピールが……!
脳内に残る映像を頭の中で何度も再生させています。早く本物をください。

あと、全体撮影の雑観を撮っていたら、カメラに彼の奇跡のショットが残っていました。
ちょっと遠目なのが惜しいんですけど、みなさんに見てもらえるチャンスないかな……!

撮影会のラスト、一人だけ集合遅れていたので走ってきたんですけど、着いたときにリュック背負ってるのはまずい、と思ったのか、途中で落として捨てて、去っていかれて(笑)
ちょっとそれが、面白かったというかかわいかったというか。

あーもっともっといろんなとこ見ておきたかったです!!!

N.KAITOさん

今日もハイパー作画の超絶クオリティだったN.KAITOさん。
オーラがある。トータルプロデュースされつくしている。

見た目だけじゃなくて、言葉がともなっているんですよね。
KAITOさんの言葉は真摯で強いな、とインタビューさせていただいて改めて思いました。

中田さん的には「あいつは熱いけどめっちゃ突っかかってくる」だそうですけど。笑
(お友達からの又聞き)

今回ラップ部分の歌詞を書かれたそうです。
早く歌詞見たいー。気になるー。超気になるー!!

K.Kaitoさん

初めましてのK.Kaitoさん!
思った以上に、おさな、いや、「少年」でした……!

最初、全体で踊りだそうというとき、端っこできょろきょろしてるんですよ。
で「どうしたんですか?」って聞いたら「これどうしよう」って。

……ダンスするときはiPhoneを置いてきましょう。笑

その後もね、アクセサリーを託されたり、タオルを忘れたというので買い出しに行ったりしましたね。
わたしはいいけど、マネージャーさんには「もう!加藤カイト!ちゃんと言ったのに!」と怒られていました。

あと!衣装いれるカバンね!
サロンメンバーみんなで「あれはちょっとどうにかしようね」と言い合ってしまったよ。
隣の南部くんがヴィトンでかっちり決めてる横で、スーパーのビニール袋無造作に下げてるんだもん。

って、こんな暴露話していいんだろうか。笑
人懐こくてとてもいい子なんだけど、突っ込みどころが多い。

ダンスはめちゃくちゃかっこいいんだけどな。ラップもね。
絶対に奥が深いよ。

SHIRYUさん

SHIRYUさんはいろんなセットとたわむれてる姿がとてもよく似合ってたなー!
今回は、バイク+SHIRYUというのがかなりいい感じだったし(KAITOさんも似合うんだけど似合いすぎてむしろ自然だった)、北野さんに指示されてライトをかまえてる姿もかっこかわいかった。

メンバー全員、ほんと全員に、「弟」と言われてる様もよし。

SHIRYUさんには、「やばいね!」とか「かわいい!」とか、ほめ言葉を投げかけやすいです。
なんかそれが許される感じがする。
KAITOさんにはダメ。ワードのセレクトが難しい。
DAIKIさんとNAOTOさんも言葉を吟味しなくちゃ、って構えちゃう。

その親しみやすさ、見た目とのちょっとしたギャップ、というのも彼の魅力の一つかなあなんて思います。
しかしインタビューは難しかった……!
もっと心を開いてもらえるように、これから仲良くなりたいです(!?)

MVは近日公開予定、ですがその前に

さてさてそんなわけで「今まで見たことのないMV」をテーマ(だったんですよ)に、作り上げられる今回のミュージックビデオ、近日公開ということでわくわくが抑えきれません。

ですが!その前に!
もう何のことだか察知されてるような気もいたしますが、宣伝させてください。
FAUSTが「Mステへの階段」オーディションに挑戦中です。
今は投票審査のまっさかりです。というかあと二日しかないです。
中間発表は19位でしたが、10位以内に入らないと最終審査に残れません!

投票はこちら:Mステへの階段 ウルトラオーディション ‐ FAUST

この投票画面から見られる動画がどのくらい皆さんの興味を引くのか、ということは正直わかりません。
でも、間違いなく言えることがある。

FAUSTを生で見たら目が留まります。
もう少し近づいたら、心が奪われます。

そのくらい力を持った5人、だれか一人がそうだというわけではなく、5人がそれぞれ違った魅力を持っており、それは今後大きなステージにどんどん挑戦していく中で、間違いなくめちゃくちゃ花開いていくはずなんです。

だから、その一歩目として、Mステに出てほしい。
というか、こんな最終審査を目前にして、挑戦もできずに終わってほしくない。

だから投票お願いします!
声をかけられる人が周りにいたら、どんどん声をかけてください!!

投票はこちらから!:Mステへの階段 ウルトラオーディション ‐ FAUST

LINEやfacebook、ツイッターのアプリなどからも投票できるので、みなさんやりやすいと思います。
お母さんに「いいけどめんどくさいからあんた投票しといて」って言われたら、スマホ一台しかなくても別のブラウザなどから投票できます。

ふう。

なぜ自分が最近こんなに一生懸命なのかな、って考えたんですけど、理由の多くはやっぱり中田さんにあるような気がしてきました。
先日、配信で言ってたんです。

「中田の『いいところ』だけを取ろうとしないでくれ」

この「いいところ」ってどういう意味かっていうと、例えば有名であるとか、拡散力があるとか、そういうことだって言ってたんですけど。
中田さんの影響力だけ利用して、彼を応援しないっていうのは本当に無しだな、と。
あーほんとにそうだよな、って思って。

わたしはオリエンタルラジオをもう人生の三分の一応援しているので、物心がまともについてからのことを考えたら、半分近くは彼らを追いかけています。
その間一度も裏切られたことがないです。
ずっとずっと面白くって、楽しませてもらっているばかりでした。

だから、今自分がすることが彼らのためになっている(本当になっているかはわかりません。でも嘘がつけない中田さんが「なってる」って言ってくれるから信じたい)状態って、それだけでなんかめちゃくちゃなパワーになっているみたいなんです。
ファンとアーティストにしてはずいぶん変な距離感かもしれないけど、それすら面白さの一部のような気がしてきてるんです。

FAUSTも、だから、あんまり変な心配とかしないで応援できる。笑
応援するって簡単なように見えて、難しいこともけっこうあったりするんですけど「応援される」っていうのも同じですよね。

「応援される」才能、っていうのも絶対あると思う。
誰もが「応援される」ことを、いつでも、素直に受け入れられるわけではない。

「応援したい」気持ちと「応援されたい」気持ちが一致することって、それだけで実は奇跡みたいなことだったりするから、わたしは、今この場所における偶然を大切にしたいです。

できるかぎり、彼らのいろんな姿をこの目で見ていきたいな、と思っています。

<FAUSTについてこれまで書いた記事>

こんにちは、NKT記者部です。 みなさん、あのオリエンタルラジオが結成したユニット「RADIO FI
こんにちは、NKT記者部兼FAUST部のかがりと申します。 7月9日、FAUSTのダンスレッスン見学
こんにちは、NKT FAUST部です。 「FAUSTってなに?」「なんか聞いたことあるけど誰?」とい
はいタイトルのとおりです。 5日深夜にしりゅうくんがやってたインスタライブが、だいきくんなおとくんと3人で深夜練してますってやつだったんで...
無駄な自意識との狭間でうろうろしてましたが、こんにちは、FAUSTガチ勢のかがりです。 推しがMステに出れそうなんです。 初めてのチャン...