09/10/12 トークライブ『無限大』前編

オリエンタルラジオ

 トークライブ『無限大』
 09/10/12 11:00~ 渋谷∞ホール
 出演:オリエンタルラジオ

楽しすぎて死にそうだった。隣りにいた友達の存在をあやうく忘れそうにw
大学の友達で、お互いの興味あるもの気になる!って感じの子を誘っていきました。
結果、「2時間台本なし!?はー」「二人が全然違うタイプなのに上手く補いあって噛みあってるから面白いね」と、しみじみ言ってくれました。
自分のほんとに大好きなものって、人に勧めるのこわかったりもするから、楽しかったって言ってもらえてよかったです。
めずらしくあっちゃんの大学の話題もでたしね!個人的タイムリー。


あつんカード。今回が変な時間帯だったことのお詫びの品。
あっちゃん手書きが150枚、藤森さん手書きが150枚用意され、シャッフルでの配布でした。
あっちゃんは全部にシリアルナンバーふって、しりとりやってみたりかわいいキャラクターかいてみたり色々してたらしいんだけど、このサイコロシリーズについては言及なし(笑)
シャッフルしたはずなのに友達と連番で、彼女はジェンガの絵柄でした。
「だからトレーディングカード感覚ですよ。ライブ終わってからも周りの人と見せ合ったりして輪を広げてほしいなっていう」(あつ)
「……みんな友達いない前提で話をするな!」(慎吾)w

今回はめちゃめちゃ裏話シリーズが多かったかな。
テレビしかり取材しかり。
ちょっとずつ書いてみようかと思います。

 └キズナ食堂
「200日やってねーオンエア1日ですよ……」
「関係者さんいませんか?ひどい悪口を言う可能性があるんで!」w
とは言ったものの、そこまでコメントなしだったかな。
ライブの最初のほうの話題だったから私が覚えてないだけかも(笑)

 └ダウンタウンDX
あ、これ私見てないや。まあいいか(笑)
ちょうど放送日に、長野からきた友達(「結婚式へのコメント撮らして!」と来てたとのこと)とゴールデン街に繰り出していた慎吾くん。
初めて入るお店で、たまたまその放送が流れていてちょっと気にしていると、「慎吾、ちょっと後ろ見ろ」との友達の言葉。そして後ろを振り返ると……
「緑のシルクハット?で、真っ赤なロングコート着たおじさんが、私服チェックのコーナーめっちゃ真剣に見てるの!」(慎吾)w
そのおじさん、慎吾くんの例のマリリンのズボン(前回参照)を見た瞬間、食べてたものをぷっと吹き出す!
その後なぜかわからないけれど、動きがめちゃくちゃおぼつかなくなる(笑)
「僕のファッションすげーなーってことかと思いまして」(慎吾)
「ポジティブすぎ」(あつ苦笑)w

それに関連して、あっちゃんの『自分が出てる番組』についての恥ずかしかった話。
昔、ゴールデンでMCやってたころ、一時期だけジムに行っていた。
そこのジムは高級で、全部の器具にテレビ画面がついていて、後ろの方に陣取ったあっちゃんは前の人たちの画面がざっと数十人分見えた。
「そしたら、その80人の中で俺たちの番組見てるのオレ一人!その頃めっちゃ視聴率とか言われてて、翌日には視聴率を言いわたされてすごいシビアな時だったから、『これ明日絶対数字悪いよ……』って落ち込んだ」(あつ)
視聴率について色々言われていたせいで、表番組の『14歳の母』や『ハケンの品格』の名前をきくといまだにテンションがさがるあっちゃん。

 └Mステ
はんにゃの金田くんと歌手の絢香さんのコント風どっきり爆笑エピソード。
「絢香さんのオーラがすごすぎて!金田くんなんてリハから半泣きになっちゃって。ノって絢香さんの歌を全力で歌いながらドアを開けたら本人がすーっと!!」(笑)
ドアをばたんと、部屋に逃げ帰り、ずぐだんしかねない真っ赤っぷりの金田くんw
そのあとの本番、さらに熱のこもった絢香さんの歌をきいたあと、また金田くんが歌いだしたのを聞いて、「さっきみたいにドアあけてみろよ!」とけしかける。
実行した金田くん。
そしたらどんな偶然?再び絢香さんがすーっと!
「金田くんもう真っ赤っかですよ。そしたら今度、絢香さんの大爆笑が聞こえてきた」(あつ)
「絢香さんも絶対うれしかったはずですけどね」(慎吾)
あとワイプで調子に乗りすぎて、ワイプなのにカメラに向かってガチで熱唱し、エライ人にそうとう怒られてしまった慎吾くんエピソードなど。

 └ピン取材
ピンで取材をうける機会があったあっちゃん、なんと対談相手はミスター慶應候補生の二人。
「ミスター慶應なめちゃいかんよ!めっちゃカッコイイよ!」(あつ)(笑)
「それ……。何話すの?」(慎吾)
「なんか色々教えてあげてくださいって頼まれてさあ」(あつ)w
結局、大学1年のときに初めてできた彼女にふられてからのひねた生活、そこで妥協しまくってできた2メートルのとてつもない彼女とデートに行ったけど一回で別れる予感がした思い出などを爽やかに語りきったあっちゃん。
メモを取るミスター慶應w
そして彼もまた、ミスター慶應による華麗なる彼女遍歴をききながらフムフムと熱心にメモをとったそうです。

対する慎吾くん。
彼はよく知らない話題でも知ったかぶりしてすぐ取材を受けちゃう傾向があるそうw
そんな慎吾くんに突如やってきたのが、夜中の12時からの(マンガ)ワンピース対談。
「だって好きだって言ってたじゃないですか」(マネージャー)
「そりゃちょろっとは言ったけれども……」(慎吾)
「慎吾、ちょっとだけ知ってることでもすぐメッチャ知ってるみたいな言い方するよな」(あつ)
で対談に行ってきた慎吾くん。
メンバーは南海キャンディーズ山里さん、フルーツポンチ村上さん、あとも一人誰だっけ?
この三人がめちゃくちゃコアなファンだった。
出てくるキャラ、場面、慎吾くんの知らないものばかり。
とうとう後半戦でギブして「ぼく実はあまり知らないんですよね……」白状すると、
「……帰れば?」(山里)w
「もう僕が悪いんだけど、めっちゃ変な空気!」(慎吾)
「お前もうそういうとこ簡単な気持ちで行ってきたらダメだよ」(あつ)(笑)